2017/1/7 – 1/29
音のない街に音楽がながれる @ gallery yolcha

 
絵の帰る先は場所や時間だと思っている
明るい蛍光灯のもとで描かれた絵が薄暗い壁にかけられ、
窓から差し込んだ一瞬の西日に焼かれてその鮮烈さを放つ。
それで良い。それが良い。
 

ヨルチャは店主であるイルボンさんの頭の中そのもので、
そこに似合うだろうと思ってモノクロの絵を描いた。

絵の周りでは人が談笑し、暖かい飲みものを飲み、
ピアノが奏でられ、窓の外ではたいてい雨が降っていた。
モノクロの絵はとても良く似合っていた。
 


 

 
 


Live:中村佳穂  撮影:加納千尋
 
 

サイト管理